中国の高級酒の値段が暴騰している

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2011年9月2日

先日、中国に行ったとき、デパートのお店の棚に誇らしげに「五糧液、入荷しました」という張り紙がしてありました。五糧液、飲んだことがある人もいるかと思います。中国の「国酒」として名高く、白酒のトップブランドです。

本当に中国の人は大好きで、特にいまごろの中秋節が近づくと贈り物にされるので市場で不足気味になって、入荷が待たれる状況になるようです。ほかにも「貴州茅台」=写真=とか、いろいろブランドはあります。ちなみに、庶民が飲むお安い白酒は「二锅头(二鍋頭)」が有名です。

いま、この高級白酒の値段がもうとんでもなく上がっていて、話題になっています。

五糧液は最近、価格の30%引き上げを発表しました。貴州茅台はもともと1瓶1000人民元(1万3000円)だったのが、いまは1500元前後で店頭で売られているそうです。中国の物価上昇はすごいですが、この高級白酒市場は常軌を逸しています。

背後にあるのは、中国の贈答文化です。

中国では高級酒の白酒について「喝的人不买,买的人不喝」だと言われます。「飲む人は買わない、買う人は飲まない」という意味です。贈り物として喜ばれるが、自分で買っては飲まないという状況で、実際、1瓶に1000元も出して飲もうとは普通の人は思いませんよね。その価格はすでに高級洋酒レベルで、それを凌ぎつつあります。それでもばんばん売れてしまうところが不思議ですが、企業や役所の贈答費から支出されるので、価格が上がっても売れ行きは落ちないのでしょうね。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順