米国は台湾にF16を売らない

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2011年9月8日

台湾の空軍は、米国製のF16、フランス製のミラージュ、自主開発のIDF「経国号」の三種類の戦闘機を保有して、台湾海峡の最先端で中国空軍と向き合ってきた。歴史的に、台湾海峡における空の優勢は、1949年の中台分断以来、台湾側は一度も中国に譲ったことはなく、それこそ、蔣介石の妻・宋美齢が空軍の指導者として米国から戦闘機を調達し、激しい訓練で練度の高いパイロットを養成することで、人民解放軍の空軍を寄せ付けない伝統を誇ってきた。

現在の三種類の戦闘機はいずれも1990年代に調達されたか、調達が決まったもので、世代的には一世代前のものばかりである。中国が導入を進めるソ連製スホイや自主開発「殲」シリーズに対抗するうえでも、米国からF16のアップグレード版であるC/D機をどうしても売ってほしいと台湾は考えてきたし、米国内でも台湾海峡の軍事バランスを重視するグループ、例えばアーミテージらの一派は強く、台湾側への売却をサポートしてきた。

しかし、現状から言うと、ほぼ希望はゼロに近い。先日台湾で会った馬英九政権の高官は「期待は抱いていない。F16がだめなら、ほかに中国が嫌がるような武器を『おわび』がわりにたくさん売ってほしいものだ」と投げやりだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順