クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

独裁者という物語

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2011年9月9日
カテゴリ:

 これを書いている時点で、リビアのカダフィ大佐は行方が判らない。2、3日前の朝刊には「海辺の町シルテにいるとの情報を、国民評議会側がつかんだ」と書いてあった。シルテはカダフィの生まれた町だそうである。  42年間というもの強気一点張りで押してきた男も、最後は生まれ故郷かと思っていると、その翌日の夕刊には「首都トリポリの南東約150キロのバニワリードにいて、反カダフィ派が町を包囲している」とあった。さらに新しい情報では、軍用車の大車列がブルキナファソヘ行ったという。本稿が出る頃には、カダフィはパリか北京にいるかもしれない。    サダム・フセインが拘束されたときのことを思い出す。生死さまざまの憶測が飛んだが、結局は米ドルのキャッシュを抱えて庭先の穴の中に潜んでいた。義理にも大統領にふさわしい捕まり方ではなかった。独裁者も命が惜しいんだなと判った。  もう忘れてしまった人がいるかもしれないが、1970年代に多発した航空機のハイジャックは、カダフィがトリポリにいたから、たいてい成功した。  赤軍派その他の過激な革命家は、旅客機を乗っ取って罪もない乗客を恐怖の淵に落とし、多額の身代金を要求し、同志の釈放を求めて、ほとんどの場合は成功した。最後に彼らは機長に「トリポリに行け」と命じ、カダフィは無条件で着陸を許した。自由になったハイジャック犯は、カダフィのおかげでレバノンの高原にいる仲間と合流できた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順