9.11テロから10年

執筆者:フォーサイト編集部 2011年9月9日

 サッカー女子ロンドン五輪最終予選で日本と引き分けた北朝鮮の監督は「われわれの将軍様に勝利の報告をしたかったが、それができないのは残念だ」と語ったそうです。「アラブの春」も一進一退を続けていますが、「北朝鮮の春」は来るのでしょうか。

 本日の更新記事は2本。

 「クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか? 独裁者という物語」(徳岡孝夫さん):今のところ行方がわからないリビアのカダフィ大佐。最近は「アラブの春」で中東の独裁者がクローズアップされることが多いですが、独裁者は中東の専売特許ではなく、古今東西あまた存在しました。彼らの行為は私利私欲がむき出しであるがゆえに、読んで面白い物語となります。

 「インテリジェンス・ナウ ソマリアにまで『グアンタナモ』を作ったオバマの秘密戦争――9.11テロから10年」(春名幹男さん):米同時多発テロから10年。この間、CIAの任務は大きく変わり、「準軍事作戦」にまで範囲が広がりました。ビンラディン殺害も、その一例。一方、ソマリアにはオバマ大統領が閉鎖を約束した「グアンタナモ」まがいの刑務所を作っています。

 「専門家の部屋」では、2本の新エントリ。

 「ニューヨークより──『9・11』を語る文法を日本は持っているか」(中東):NHKの「9.11事件から10周年」を記念した特集番組のため、ニューヨークを訪れている池内恵さんからのエントリ。日本人が「9.11」を10年後の今にどう語れるかが、日本人の今後の国際社会の乗り切り方を占う1つの試金石になります。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順