【改革派官僚に聞く】現状、野田新政権に期待が持てない理由を、具体的に

執筆者:フォーサイト編集部 2011年9月10日
エリア: 日本

 不人気に苛まれた前任者のあと、ということもあってか、上々の支持率で船出をした野田新政権だが、内閣発足9日目に経済産業相が辞任に追い込まれるなど、先行きには不透明感が漂う。改革派官僚の古賀茂明氏(経済産業省大臣官房付、写真)は、新政権をどう見ているのか。 ――選挙期間はわずかでしたが、民主党代表選では一応の政策論議もなされました。それを踏まえ、野田新政権の政策について、どのように評価しますか。古賀 原子力発電所は「安全なものは動かしましょう」という経済産業省のスタンスと同じですし、今のところ、野田さんの政策ではっきりわかっているのは、増税だけです。しかし、増税をすると言っても、結局それは庶民と企業から取るしかありません。経済が成長しなければ、取りようがない。ところが、その経済成長の道筋が全く見えません。増税の原資を作るための仕組みがない。今はたとえ消費税を1%上げたとしても、税収増は2.5兆円以下です。一方、歳入欠陥は44兆円もある。これを消費税増税で埋めるとなれば、20%くらい税率を上げなければなりません。しかも、社会保障費は毎年1兆円ずつ増えていく。これを増税だけで賄うとなれば、日本の経済は破綻します。それを回避するためには経済の成長戦略が不可欠なのですが、今のところ、その方策は全く見えてきていません。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順