選対本部長も辞任したバックマンの苦境

足立正彦
執筆者:足立正彦 2011年9月9日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 先月13日に行なわれたアイオワ州共和党主催の共和党大統領選挙模擬投票(ストローポール)でミチェル・バックマン下院議員(ミネソタ州第6区)が勝利してから間もなく1カ月になろうとしている。だが、今のバックマン陣営に約1カ月前の模擬投票で勝利した直後の高揚感はない。

 バックマン選対本部で選対本部長としてアイオワ州共和党大統領選挙模擬投票での勝利に尽力したエド・ロリンズは、健康上の理由で選対本部長の立場を急遽退くことが今月5日に同選対本部から発表された。ロリンズは、今後、上級顧問として一歩引いたかたちでバックマンの選挙キャンペーンを引き続き支えていくことになる。ロリンズ自身すでに68歳になり、1年半前には心臓発作も経験し、疲労感もあることを明らかにしている。また、選対副本部長のデヴィッド・ポリャンスキーも辞任することになり、バックマン選対本部の中枢の2人が辞任することとなった。

 ロリンズはロナルド・レーガン大統領の1984年大統領再選キャンペーンで全米選挙キャンペーン・ディレクターとして、ミネソタ州とワシントンD.C.以外の全米49州すべてでレーガンが勝利する地滑り的勝利に尽力した著名な共和党系選挙キャンペーン・コンサルタントである。リチャード・ニクソンやジョージ・H.W.ブッシュの選挙キャンペーンも支援していた。また、1992年大統領選挙キャンペーンでは独立候補であったロス・ペローの選対本部長を一時務めていたこともある。2012年共和党大統領候補指名獲得争いでは、当初、4年前にも支持していたマイク・ハッカビー前アーカンソー州知事の顧問に就任していた。だが、ハッカビーが今年5月中旬に2012年共和党大統領候補指名獲得争いには出馬しない意向を明らかにすると、ロリンズはバックマンの選挙キャンペーンに選対本部長として参画した経緯がある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順