饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(160)

米中が「庶民食堂パフォーマンス」で散らした火花

西川恵
執筆者:西川恵 2011年9月13日
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾 北米
北京で庶民的な食堂を訪れたバイデン米副大統領(c)AFP=時事
北京で庶民的な食堂を訪れたバイデン米副大統領(c)AFP=時事

 米国のバイデン副大統領が8月17日から6日間の日程で中国を訪問し、18日に人民大会堂で歓迎式典が行なわれた。  習近平国家副主席が「あなたが国内問題で忙しいのはよく知っています。よくいらっしゃいました」と迎えると、「中国はすでに米国の国内問題ですよ」と副大統領は笑いながら返した。  バイデン副大統領の訪問の大きな目的は、来年、胡錦濤国家主席から党総書記の座を引き継ぐことが確実視されている習副主席と知り合い、関係を築くことだった。ただ同時に、訪中前に格下げされたばかりの米国債の問題で、「米国債で保有している資産の目減りにつながる」と懸念する中国に、米国債は安全であることを確約することも加わった。  副大統領は「中国は米国の国内問題」というウィットに包んで、相互依存関係の深さを述べたのだ。2人の初会談は友好的雰囲気で45分間行なわれた。会談後、バイデン副大統領はゲイリー・ロック駐中国米大使と共に車で北京中心部から少しはずれた鼓楼大街に向かった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)、さらに『知られざる皇室外交』(角川書店)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順