対ロシア債務問題とパイプライン構想の進展

平井久志
執筆者:平井久志 2011年9月16日
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: ロシア 朝鮮半島

 ロシアのイズベスチヤ紙は9月14日付で、ロシア財務省に近い筋の話として、ロシア政府が北朝鮮の対ロ債務計約110億ドル(約8450億円)の9割を帳消しにし、残る1割を北朝鮮での共同事業に充てることで事実上、全債務を帳消しにする方針を固めたと報じた。

 しかし、同紙は「ロシア財務省は、協議は再開されたが(全額帳消しなどの)決定は今のところ、なされていない」としているとも報じ、債務帳消しが最終合意ではないことも指摘している。

 8月31日の記事(「ロシアを巻き込んだ金正日の「生き残り戦略」」)でもお伝えしたように、ロシアと北朝鮮の経済協力はこの債務問題が決着しないと前に進めない。天然ガスのパイプライン敷設や鉄道連結が進展に向けて動き出している中で、ロシアも北朝鮮も債務問題での合意を急いでいるのは事実だ。

 北朝鮮の債務問題は2007年ごろまでは両国の政府間委員会で協議がされてきたが、この間、この協議が中断していた。これが再開されたのはガスパイプライン敷設などが現実の課題となって浮上したからだ。

 しかし、北朝鮮に債務返済能力がないのも事実だ。

 興味深いのは07年時点では80億ドルとされた債務総額が11年には110億ドルに膨れ上がっている点だ。北朝鮮に支払い能力がないのに、利子などを加えて債務総額を膨れ上がらせたロシアの意図はどこにあるのだろうか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順