敗戦国・日独伊がモスクワを席巻

名越健郎
執筆者:名越健郎 2011年9月22日
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 35年間続けた記者生活を8月で辞め、暇になったので、記者・学者の有志による訪ロ団に加わって、昨日まで9日間モスクワに行ってきました。5年前までモスクワに住んでいて、その時と大きな変化は感じませんでしたが、11年になるプーチン体制長期化に伴うアパシー(無感動)や停滞が社会に少しずつ広がっている印象でした。

 ひとつ驚いたのは、中心部のクレムリンや赤の広場に隣接するマネジ広場に、地元資本の日本料理店チェーン「プラネッタ・スシ」の大型店が開店していたことでした。ソ連時代末期、改革派の集会場だったマネジ広場はその後、地下3階の大型ショッピングセンターとなり、地下街は終日賑わっています。地上の1階部がレストラン街で、そのクレムリン側にプラネッタ・スシと米国のマクドナルド、それに簡易イタリア料理のスバーロが大型店を開設。「永遠の火」が燈る赤の広場わきの無名戦士の墓と対峙する位置取りになっています。

 旧知の歴史学者とプラネッタ・スシに入り、寿司をつまんだのですが、この学者は「マクドナルドが撤退して、ドイツ料理店がそこに入ったら、クレムリンも慌てるだろう。日独伊がここまで進出するのだから。ただし、あのまずいドイツ料理が入ることはあり得ない」と冗談交じりに話していました。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順