ソウル市長選まで1カ月 劣勢の与党陣営

平井久志
執筆者:平井久志 2011年9月26日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: 朝鮮半島

 10月26日に予定されている韓国のソウル市長選をめぐる動きは9月14日の「『安風』で揺らぐ韓国の既成政治」でレポートさせていただいたが、その後の動きについて報告したい。

 与党・ハンナラ党では結局、羅卿瑗(ナ・ギョンウォン)議員(2選、ソウル市中区選出)と金忠環(キム・チュンファン)議員(3選、ソウル江東区甲選出)の2人がソウル市長選の公認申請を行なった。

 しかし、進歩陣営から朴元淳(パク・ウォンスン)弁護士がソウル市長選に名乗りを挙げたのに刺激されたのか、保守系で元法制処長の李石淵(イ・ソギョン)弁護士が9月21日に保守系市民団体を背景に立候補を表明した。

 ハンナラ党の候補は羅議員が有力で、羅議員はハンナラ党の大統領候補として有力な朴槿恵(パク・クネ)元代表の支援を受けたいとしており、朴元代表を引っ張り出してソウル市長選を戦う構えだ。問題は無所属立候補を表明している李弁護士との候補一本化が実現するかどうかだ。進歩陣営が一本化した場合、保守が分裂していては勝利の可能性はない。結局は保守も一本化される可能性が高い。現時点の情勢では羅卿瑗最高委員になる可能性が高いようにみえる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順