ポーレンティーの支持表明でも苦しいロムニー

足立正彦
執筆者:足立正彦 2011年9月27日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 先月13日に行なわれたアイオワ州共和党大統領選挙模擬投票(エイムズ・ストローポール)で3位となり、共和党大統領候補指名獲得争いから撤退したティム・ポーレンティー前ミネソタ州知事が、ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事への支持を今月12日に表明した。

 ポーレンティーは共和党大統領候補指名獲得争いから撤退する前は、第111議会でオバマ政権が成立させた医療保険制度改革関連法はロムニーがマサチューセッツ州知事時代に署名した同州の医療保険制度改革が先例となっていることをオバマ大統領自身も認めているとして、「Obama」と「Romney」を掛け合わせた「Obamneycare」という造語を使ってロムニーの医療保険制度改革導入を批判していた。現在、共和党の他の候補から標的となっているロムニーの最大の弱点は、オバマ政権が導入した医療保険制度改革法と酷似し、全米に先駆けてマサチューセッツ州の全州民に医療保険加入を義務付けた医療皆保険制度の導入である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順