日本企業の受け皿、ベトナム

執筆者:フォーサイト編集部 2011年9月30日

 本日の更新記事は、森山伸五さんの「グローバル・ビジネスの新地政学(9)国内空洞化『受け皿候補No.1』ベトナムの現在」です。円高をはじめとする日本経済を襲う「6重苦」で、日本企業の海外流出が懸念されていますが、その受け皿として最も注目されているのがベトナムです。人件費は中国の3分の1なのに、労働力の質は高く、インフラも整っています。今後の問題点も含め、そのベトナムの現状を報告します。

 もう1本「パイプとサイゴン」を更新しましたが、これは会員の方からいただいたご質問に対する徳岡孝夫さんからのご返答です。「記事」というわけではないのですが、徳岡さんの技とユーモアが随所に感じられる文章なので、このような形で公開することにいたしました。

 「専門家の部屋」では、2本の新エントリ。

 「ISI非難めぐり、国務長官と軍が役割分担」(インテリジェンス、春名幹男さん):パキスタンの情報機関と反米組織の一体化を指摘する米軍幹部の発言で、険悪化している米・パキスタン関係。一方、クリントン国務長官はこの問題に柔軟に対応、オバマ政権は軍と国務省の役割分担で、パキスタン関係の維持を図ろうとしているようです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順