金総書記がロシアに要請したもの

名越健郎
執筆者:名越健郎 2011年10月3日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ロシア 朝鮮半島

 やや旧聞に属するが、7月末の金正日労働党総書記の訪露について、モスクワのロシア消息筋は筆者に対し、総書記の訪露中、北朝鮮がロシア側に対空ミサイルシステム、S300とS400の供与を求めたとの情報を明らかにした。

 S300は現在のロシア軍の主力対空ミサイルで、S400はそれを更新した最新型。米国のパトリオットミサイルに匹敵するといわれ、まだロシア軍にも首都や南部カフカス地方を防衛する数師団にしか配備されていない。ロシアはインドやイラン、トルコなどに売り込みを図っているが、まだどこにも輸出されていない。

 北朝鮮は米韓両国の航空戦力に対抗してロシアの対空ミサイルを配備することに関心を寄せている模様だ。金総書記のロシア訪問に李炳鉄(リ・ビョンチョル)空軍司令官が含まれていたことも、対空ミサイル導入の期待をうかがわせる。

 ただし、同筋は「ロシアは兵器の無償供与はしない。北朝鮮は外貨がなく、到底購入は無理だ」と指摘した。ロシア軍幹部は2009年、北朝鮮のミサイル実験に対抗するため、S400を極東に配備することを計画していると述べたことがあり、金総書記がS400の提供を求めたとすれば皮肉な展開だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順