専門家よ、「放射能禍」の東北に再生の知恵を

寺島英弥
執筆者:寺島英弥 2011年10月6日
エリア: 日本

 大震災が起きた3月11日以来、地元紙の一記者として現場の報道に携わってきた。東北の南北にどこまでも廃墟の風景が続いた海岸線、誰もが被災者となり、家や働く場、家族を失った住民たち。地方紙の記者にとって、それらの土地は3.11の以前も郷里であり、人との出会いの縁や思い出の深い赴任地であり、地元のまち興しや農漁業、東北で生きる価値ある仕事や文化を生み出そうと頑張る人たちを取材して歩いてきた場所である。
 インパクトのある写真や悲劇のストーリーを切り取ろう、などと思ったことはない。3.11のはるか以前から知る「あの人は、どうしたか?」「あの村の夢はどうなったか?」「あの集落は無事だろうか?」という問いから出発し、人々が「何を失い、これからどう生きようとしているのか?」を伝えようとしてきた。3月22日付から72回を重ねる河北新報社会面連載「ふんばる」のデスク兼取材者として。こうした作業は、1897年の創刊以来、記者が受け継いできた東北の歴史の記録であり、被災者の声を読者や他地域の支援の志へとつなぐ応援でもある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
寺島英弥 ジャーナリスト。1957年福島県生れ。早稲田大学法学部卒。河北新報元編集委員。河北新報で「こころの伏流水 北の祈り」(新聞協会賞)、「オリザの環」(同)、「時よ語れ 東北の20世紀」などの連載に携わり、2011年から東日本大震災、福島第1原発事故を取材。フルブライト奨学生として2002-03年、米デューク大に留学。主著に『シビック・ジャーナリズムの挑戦 コミュニティとつながる米国の地方紙』(日本評論社)、『海よ里よ、いつの日に還る』(明石書店)『東日本大震災 何も終わらない福島の5年 飯舘・南相馬から』(同)。3.11以降、被災地における「人間」の記録を綴ったブログ「余震の中で新聞を作る」を更新中。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順