「放射能禍」の東北、北朝鮮「後継整備」の現状

執筆者:フォーサイト編集部 2011年10月6日

 本日の更新記事は2本。

 「専門家よ、『放射能禍』の東北に再生の知恵を」(寺島英弥さん):大震災から半年以上を経過しても、「放射能禍」に悩まされる被災地の住民。これまで自身の責任を回避してきた原発、放射能の専門家たちは、今こそ東北再生のための知恵を出すべきではないでしょうか。

 「『面従腹背』の中で進む北朝鮮『後継』整備」(平井久志さん):金正恩氏が後継者として公の場に姿を現わしてから1年。北朝鮮では、後継体制の整備のための「粛清人事」と、金正恩氏が後継者にふさわしい人物であることを宣伝する「偶像化」作業が着々と行なわれてきましたが、今のところ、住民の間では同氏への尊敬と信頼は生まれていません。

 「専門家の部屋」では、「安全保障」に「素人による自衛隊のコントロール」(林吉永さん)の新エントリ。自らを「(安全保障の)素人だが、これが本当のシビリアン・コントロールだ」と発言した一川防衛大臣。現場の自衛官から見れば、たまったものではありません。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順