「冷温停止」の虚実、「専門家の部屋」新エントリ4本

執筆者:フォーサイト編集部 2011年10月7日

 本日の更新記事は、塩谷喜雄さんの「炉心はどこへいった?――意味なく『周辺温度』を発表する東電『空蝉情報』の怪」です。東京電力は福島第一原発のすべての原子炉の周辺温度が摂氏100度以下になったと発表しましたが、これは相当たちの悪い「無意味情報」です。なぜならば、原子炉の「炉心」の状況は確認できておらず、圧力容器も格納容器も突き抜けているのだとすれば、「周辺温度」が下がるのは自明の理。実際にはさらに深刻な地下水汚染、海洋汚染の可能性さえあります。

 「専門家の部屋」では、4本の新エントリ。

 「NHK・BSプレミアム番組にもOSINT」(インテリジェンス、春名幹男さん):NHKのドキュメント番組「長江 天と地の大紀行」は優れたOSINT(公開情報インテリジェンス)でした。この手法が、北朝鮮に対しても使えないものでしょうか。

 「先住民との対立が深まる『ボリビア・先住民政権』のジレンマ」(中南米、遅野井茂雄さん):「先住民の権利拡大」を標榜していたボリビアのモラレス政権が、道路建設をめぐり先住民との対立に頭を悩ませています。賛否両派の行進は、12日にラパスで相まみえそうです。

 「公務員宿舎問題の行方」(行政ウォッチング、原英史さん):問題になっていた朝霞の公務員宿舎問題。野田首相は結局「5年凍結」を打ち出しましたが、何の解決にもなっていません。セットで発表された「都心3区の宿舎廃止」も手あかにまみれた目くらましです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順