「グッチ首相」はデンマークを変えるか

国末憲人
執筆者:国末憲人 2011年10月11日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: ヨーロッパ

 デンマークの総選挙で中道左派勢力が過半数を占め、社会民主党党首のヘレ・トーニング・シュミットが10月2日、女性として同国初となる首相に任命された。これは、単にこの国の政権が右派から左派へと10年ぶりに移行する以上の意味を持っている。2001年以降右派政権を閣外協力で支えてきた右翼政党「デンマーク国民党」が、ようやく表舞台から退場することになったからだ。

 ポピュリスト的傾向の強い女性党首ピア・ケアスゴーの下、95年に結党されたデンマーク国民党は、根強い大衆人気を背景に、自由党主導の右派政権への影響力を強めてきた。その結果、デンマークはこの10年間、差別的と言えるほど厳しい移民排斥政策を次々と実現させた。これに伴って、欧州でのデンマークのイメージも大きく変化した。かつてこの国は、充実した福祉や高い教育水準から「世界で最も暮らしやすい国家」と尊敬されていた。人々はこの国を今、欧州で最も排他的、差別的な国家と見なし、胡散臭そうに眺めている。

 左派新首相は、失墜したデンマークのイメージを回復できるだろうか。

 右翼の影響を受けて右派政権が実施した政策で最も論議を呼んだのは、右派政権発足翌年の2002年に法制化された国際結婚の規定だ。24歳未満の国民が外国人と結婚した場合、配偶者の国内居住が原則的に認められなくなった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順