ジョブズの死と「アメリカの秋」

会田弘継
執筆者:会田弘継 2011年10月20日
カテゴリ: IT・メディア 国際 金融
エリア: ヨーロッパ 北米

 欧州ではユーロ危機がますます深刻化、ユーロ圏17カ国の南北対立の様相を強め、ギリシャはデフォルト(債務不履行)不可避との見方が続いている。米国の失業率は依然9%を超えたまま。9月半ばニューヨーク・ウォール街に始まった反格差デモは全米に、さらに世界に、広がり始めた。欧州が南北対立なら、アメリカでは民主・共和2大政党対立による政治麻痺で、オバマ政権は身動きがとれない。
 そんな中で、IT企業アップルを一代で築きあげたカリスマ経営者スティーブ・ジョブズが、10月5日に亡くなった。56歳。ガレージで起業したアップルは一時、時価総額で世界最高となった。世界がジョブズの死を惜しんだのは、今日の世界が失った「夢」をジョブズの生き方に見たからか。ジョブズという稀代の起業家を生み出したのは、ウォール街で始まった反格差デモに通じる1960-70年代の反体制文化(カウンターカルチャー)だった。その死は、現代アメリカについての思索を促さずにはおかない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)など、近著に『トランプ現象とアメリカ保守思想』(左右社)がある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top