民進党・蔡英文の「成長と限界」

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2011年10月25日
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 ジャーナリストとして選挙を観察する面白さの1つは、どの国、どのレベルを問わず、1人の人間が成長する、あるいは成長に失敗するプロセスを目撃できることである。
 成長して勝つ者もいれば、成長したが勝てない者もいる。
 台湾の選挙について言えば、2008年の総統選で国民党の馬英九は、ひ弱なエリートというイメージを覆すような泥臭く庶民に密着した戦いを展開して勝利した。一方、同じ総統選で民進党候補の謝長廷は、権謀術数には長けているがあまり信頼できない人物であるという周囲の疑念を打ち破ることなく、記憶に残らない負け方を喫した。
 2012年1月に控えた次期台湾総統選に出馬する民進党の総統候補・蔡英文ほど、台湾政界で「成長」の度合いが注目されてきた人物はいないだろう。
 なぜなら、政権喪失と陳水扁前総統のスキャンダルで同党がどん底に落ち込んだ08年、党主席を引き継いだ時の蔡英文は政治家として未知数の存在だったからだ。
 蔡はもともと1990年代に国民党の李登輝に経済ブレーンとして起用され、国家安全会議の諮問委員として中台対話の裏方としても活躍した。陳水扁政権では、中国政策を担う大陸委員会の主任委員になり、後に副首相にあたる行政院副院長まで務めた。
 頭脳明晰なエリートで行政経験は豊富だが、政治家としては素人同然。彼女を支持した党のベテランたちも、彼女の女性としての清新なイメージを頼りに、苦境をしのぐためのワンポイントリリーフ程度にしか考えていないフシがあった。
 だが、蔡英文はねばり強く党内での意見集約や体質改善に取り組み、政策提言ができて穏健なスタンスも取りうる成熟した政党へと、民進党の脱皮を図った。彼女を甘く見ていた蘇貞昌・元行政院長や呂秀蓮・元副総統、謝長廷らのベテランたちが気づいた時には、総統候補として認めざるを得ない人気を党内外で確立していた。世代交代を求める党内の若手世代の声が、ベテラン組の「蔡降ろし」を許さなかったというのもある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順