ニューハンプシャーで:共和党大統領候補指名獲得争いの現状評価

足立正彦
執筆者:足立正彦 2011年10月25日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 現在、マサチューセッツ州ボストンに滞在している。ネバダ州共和党が来年1月14日に実施を予定していた党員集会を2月4日に遅らせる決定を行なったため、年内にも実施される可能性が浮上していたニューハンプシャー州予備選挙は2カ月余り先の来年1月10日にも行なわれることになったが、同州予備選挙に向けた共和党の各大統領候補の選挙キャンペーン状況について、ボストンからレンタカーでニューハンプシャー州を訪れて視察した。

 ボストン、ニューヨーク、ワシントンといった米国東部の主要都市は出張などで毎年訪れているが、ニューハンプシャー州を訪れるのは2004年民主党大統領候補指名獲得争いの幕開けを控えた03年晩秋以来実に8年ぶりである。当時、筆者はワシントンに勤務しており、民主党大統領候補指名獲得争いに出馬していたジョン・ケリー上院議員(マサチューセッツ州)、ハワード・ディーン前ヴァーモント州知事、ウェズリー・クラーク元NATO軍司令官らのニューハンプシャー州の各選挙事務所を訪れ、同州の選挙キャンペーン責任者やボランティアと意見交換したことが昨日のように感慨深く思い出された。

 ニューハンプシャー州予備選挙に向けた共和党の各大統領候補の選挙キャンペーンを実際に視察していて感じることは、ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事がこの地での選挙キャンペーンを最重視していることだ。ニューハンプシャー州最大の都市マンチェスターの選挙事務所の開設、ボランティア態勢の構築、地元有権者との対話、地元有力者の支持獲得などの点で2008年共和党大統領候補指名争いにも出馬しているロムニーは他候補を凌駕している。ジョン・ハンツマン前駐中国大使は先月末に選対本部をフロリダ州オーランドからニューハンプシャー州マンチェスターに移転することを決定したが、ハンツマンの選挙本部を訪れてみるとロムニーのニューハンプシャー州での選挙キャンペーン強化の取り組みとの歴然とした違いを認識させられる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順