プーチン次期大統領の最初の訪問国は?

名越健郎
執筆者:名越健郎 2011年10月29日
カテゴリ: 国際 金融
エリア: ロシア

 来年3月のロシア大統領選で当選確実なプーチン首相が、5月の就任後に最初に訪れる国が日本になる可能性が出ている。ロシア側は既に、訪日準備に着手しているとの情報もある。

 プーチン氏が訪日するとすれば、最大の目的はエネルギー協力の拡大だろう。ロシア政府は3月11日の東日本大震災から10日後、福島第1原発事故で日本のエネルギー需給が逼迫することから、①サハリン産液化天然ガス(LNG)の対日輸出拡大②石油・石炭輸出の拡大③東シベリアのコビクタ、チャヤンダ両ガス田開発への日本企業参加④サハ共和国のエリガ炭田開発への日本企業参加-など包括的なエネルギー協力策を日本側に提案した。

 提案は、エネルギー政策を統括するセチン副首相が当時の河野雅治駐ロ大使に通達した。プーチン首相は震災翌日、日本へのエネルギー支援策を検討するよう指示しており、プーチン氏直々の構想でもある。両国はその後、包括提案を協議する作業部会を設置した。

 9月に筆者らがモスクワで会見したガスプロムのメドベージェフ副社長(対外関係担当)は、「日本の短期のニーズなら輸出増大でカバーできる。長期のニーズについては日本側に検討してもらっており、来年2月ごろ判明するのではないか。今後、取引量が増加すれば、ガスプロムとしても東京に支店を開設する」と話していた。同副社長はセチン・河野会談に同席している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順