イラク撤退後の米軍ペルシア湾岸展開の行方

池内恵
執筆者:池内恵 2011年10月30日

 こんな記事が目についた。「ニューヨーク・タイムズ」10月29日付の「米国はイラク撤退後の湾岸の兵力強化を計画中」

http://www.nytimes.com/2011/10/30/world/middleeast/united-states-plans-post-iraq-troop-increase-in-persian-gulf.html?nl=todaysheadlines&emc=tha2

 10月21日にはオバマ大統領が、年末までにイラク駐留米軍を完全撤退させると表明している。財政難と、来年の大統領選挙を控えた米国の内政的事情が、ペルシア湾岸の勢力バランスにどのような影響を与えるかが注視されている。

 この報道によれば、第一に、クウェートに戦闘部隊を新たに配備する計画が進んでいるとのこと。これは米軍撤退後のイラクの治安崩壊や、影響力を強めるイランといった直接の脅威に備えるためだ。1991年の湾岸戦争から2003年のイラク戦争までは、クウェートにはイラク情勢の変化に即時に対応できるように前方展開基地が設立されていたが、イラク侵攻・占領後はクウェートが「後衛」になっていた。イラクからの米軍撤退で、また再び90年代の状況に戻るとも言える。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順