フランスの脱原発、「専門家の部屋」5本の新エントリ

執筆者:フォーサイト編集部 2011年10月31日
カテゴリ: 金融

 本日の更新記事は、国末憲人さんの「『ヨーロッパエコロジー・緑の党』躍進でフランスに脱原発旋風は起きるか」です。電源の8割近くを原子力発電に依存するフランスでも脱原発の動きが。「緑の党」候補が、来年の大統領選に勝利する可能性は低いものの、今後のフランスの原子力政策に一定の影響は与えそうです。

 「専門家の部屋」では、5本の新エントリ。

 「野田政権による『南進戦略』と『中国包囲網』?」(東南アジア、樋泉克夫さん):シンガポール華字紙、香港の中国系紙が報じた、野田政権の真実? 日本は東南アジア諸国と連携し、着々と中国包囲網を築きあげているというのですが……。

 「プーチン次期大統領の最初の訪問国は?」(ロシア、名越健郎さん):来年3月の選挙で大統領就任が確実なプーチン氏の、就任後初の外遊先が日本になる可能性が出てきています。最大の目的はエネルギー協力の拡大。実現すれば、プーチン政権3期目のアジア重視が鮮明になります。

 「チュニジア新体制の結集軸『市民国家』概念とは」(中東、池内恵さん):チュニジアの憲法制定会議選挙では、中道イスラーム主義政党が勝利。しかし、過激なイスラーム国家を目指すとは考えにくく、「市民国家」概念を橋渡しに、イスラーム主義勢力と自由主義勢力が協調の道を探る動きとなりそうです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順