ラテンアメリカはヨーロッパを相手にしない?

遅野井茂雄
執筆者:遅野井茂雄 2011年11月4日
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 中南米 ヨーロッパ

 10月28日、29日、パラグアイの首都アスンシオンで第21回イベロアメリカ首脳会議が開催された。冷戦終結直後、スペインのイニシアティブでイベリア半島のポルトガルとともに、宗主国と植民地の中南米諸国が文化歴史的な絆をよりどころにして、協力関係の強化を目指して開催してから20年目に当たる節目の首脳会議であった。

 スペインは中南米諸国の民営化を通じて、通信、金融、エネルギー分野において資本参入を強めるとともに、サミットを軸に冷戦後の世界で文化的紐帯を共有する中南米への影響力を行使し、EUと中南米の戦略的連携の推進において主導権を握ってきた。他方、中南米諸国はアメリカとの関係でバランスをとるためにも、キューバを含め独自のグローバルな交渉力の強化が必要であった。

 ところが今回22カ国のうち首脳の出席は、11カ国と半数にとどまった。とくにパラグアイとメルコスル(南米南部共同市場)を形成する隣国ブラジル、アルゼンチンとウルグアイの大統領が欠席したのをはじめ、コロンビア、キューバ、ベネズエラなど主要国の大統領が欠席した。欧州危機への対応が主要議題となるG20首脳会議開催を前に開かれたサミットで、G20 の域内メンバー3カ国のうちブラジル、アルゼンチンの首脳が欠席した意味は大きかった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
遅野井茂雄
遅野井茂雄 筑波大学大学院教授、人文社会系長。1952年松本市生れ。東京外国語大学卒。筑波大学大学院修士課程修了後、アジア経済研究所入所。ペルー問題研究所客員研究員、在ペルー日本国大使館1等書記官、アジア経済研究所主任調査研究員、南山大学教授を経て、2003年より現職。専門はラテンアメリカ政治・国際関係。主著に『21世紀ラテンアメリカの左派政権:虚像と実像』(編著)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順