イエメン女性の一群がヒジャーブを焼いて「部族の庇護」を求める

池内恵
執筆者:池内恵 2011年11月4日

  10月26日にイエメンの首都サナアで大勢の女性がヒジャーブ(ヴェール)を焼いて気勢を挙げた。日本の感覚では意味や方向性が分かりにくいこの動きに対して、『イエメン・タイムズ』紙の解説は要を得ている。
http://www.yementimes.com/defaultdet.aspx?SUB_ID=34729

 この報道によれば、イエメン南西部の大都市タイッズ(Ta‘izz; Taiz)で10月16日に、反政府抗議行動に参加していたアズィーザ・マハジュリー(Aziza Al-Mahajri)という女性が共和国警護隊(Republican Guard=サーレハ大統領の息子アハマド・サーレハに指揮される、最も政権に忠誠心の高い精鋭部隊)に銃撃され死亡したことに抗議して、約800人の女性が首都サナアに集まり、ヒジャーブを燃やして抗議したという。

 集まった女性たちは、自らはヒジャーブを被ったまま、集めてきたヒジャーブを焼いているので、「ヒジャーブを脱ぎ捨てる」タイプの「女性解放」運動ではない。かといってイスラーム主義や伝統主義というわけでもない。むしろイエメン社会の部族的構成を逆手に取って、「部族勢力(の男性)に奮起を迫る」という主張を掲げ、膠着した状況を動かそうという興味深い試みになっている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順