クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

平たい国の大洪水

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2011年11月14日
カテゴリ: 国際

 ベトナム戦争中の話である。北ベトナムのハノイ、ハイフォンを爆撃(それを北爆と呼んだ)するためにタイ国内の基地を発進した米戦略空軍のB52爆撃機が、誤って1トン爆弾を東北タイの町の小学校に落とした。UPI通信のジャックが「一緒に現地取材に行こう」と電話してきた。私は新聞社のバンコク特派員だった。    朝早く車で出て、現地は東北へ、ほぼ東京-大阪間に等しい距離だった。車はジャックがレンタルし、運転は私がした。  爆弾は泥田の中に深く突き刺さり、大した被害はなかった。さてバンコクに帰ろうとして日が暮れた。私は車のヘッドランプが点灯しないのを発見した。  2人ともメカに弱い。仕方ない、無灯火でバンコクまで突っ走ろうと決めた。それから翌朝まで私は徹夜で走った。タイの田舎で夜中にウロウロしていたら山賊にやられ、有り金はおろか命まで取られかねないからである。  月はなかった。星明かりだけを頼りに、時速100キロでぶっ飛ばした。その間ずっと星が、右にも左にも真横に見えていた。今でも悪夢に出てくる。  夜が白み、バンコクが近付いて托鉢の僧を見たときは安堵の吐息をついた。そのときの経験で知ったが、タイの中部平原はビリヤード・テーブルのように平たい。日本人の常識にはない平らかさ、広さである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順