深刻化する中国のサイバー攻撃

執筆者:フォーサイト編集部 2011年11月18日

 アメリカはオーストラリアに海兵隊を置き、ミャンマーも中国離れの様相。中国にとっては、都合の悪い事態が立て続けに起こっています。あれだけ南シナ海で傍若無人な振る舞いをすれば、どこの国も警戒を強めます。

 本日の更新記事は、会田弘継さんの「国際論壇レビュー 深刻化する『中国のサイバー攻撃』とその先にある『新しい戦争』」です。サイバー攻撃による被害総額規模は、国家安全保障上の損失を除き、全世界で最大1兆ドル。欧州の治安担当者によれば「中国は攻撃の数が多い。ロシアは数こそ少ないが質が高い」。将来、米中戦争が起こるとすれば、サイバー攻撃が大半を占める「ハイブリッド戦争」になる可能性があります。

 「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「『ウォール街占拠運動』は政治的影響力を持ち得るか?」(足立正彦さん)です。所得格差の是正や経済的公正さを求める「ウォール街選挙運動」ですが、現場を見ると、イラク戦争への反対、同性愛者の権利要求など、参加者の立場は様々。この運動が1つの政治的なパワーになることは難しそうです。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順