日朝戦で大合唱された「金正日を称える歌」

平井久志
執筆者:平井久志 2011年11月22日
エリア: 朝鮮半島

 11月15日に平壌の金日成競技場で行なわれたサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア3次予選第5戦の「日本対北朝鮮戦」は1-0で北朝鮮が勝利して終わりましたが、この試合をめぐる様々な出来事は、まさに現在の日本と北朝鮮の関係を浮き彫りにするものでした。

 本来のスポーツ精神でいうならば、アウェー戦でも遠征をする側のチームのサポーターがある程度いることがフェアーな雰囲気をつくるために必要なことです。しかし、日本は北朝鮮に独自の経済制裁を加えています。貿易や北朝鮮船舶の日本入港も禁止、日本の公務員の訪朝も原則禁止です。一般人の訪朝もなるべく自粛というのが日本政府の姿勢です。

 結果的には訪朝した日本人はサポーター約150人、報道陣10人にテレビ中継のテレビ局スタッフという水準に留まってしまいました。このほかでは邦人保護のために外務省職員など公務員十数人も訪朝しました。対する北朝鮮の観衆は約5万人でしたので、極めて特殊な雰囲気の中で試合は行なわれました。

 日本政府からすれば、経済制裁をしている中で、大勢の日本人に訪朝されては困るという事情があったのかも知れませんが、スポーツと政治を区分することも可能だったと思います。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順