プーチン氏はバラマキ型――ロシアが空前の国防予算増

名越健郎
執筆者:名越健郎 2011年11月28日
エリア: ロシア

 12月4日の下院選、来年3月4日の大統領選を控えたロシアは政治の季節に入ったが、与党・統一ロシアの支持率は40%台に下落、前回のような3分の2の安定多数確保は困難な情勢だ。長期化するプーチン体制下で停滞感が広がり、実際の支持率はさらに低いとの見方もある。

 政権側は下院選で圧勝し、その勢いでプーチン氏の大統領返り咲きを確実にしたい意向だ。そのためには、バラマキ政策が有効とみなし、教師や医者、軍人、警官らへの給与大盤振る舞いを公約している。

 11月17日にプーチン首相が主宰した閣議には驚かされた。新任のシルアノフ財務相は、「軍人や警官の給与を来年1月から2.5-3倍引き上げる。連邦保安局(FSB)要員の給与も来年1月から同規模引き上げる」と述べ、今後2年間で給与増に3兆ルーブル(約9兆円)を追加拠出すると報告した。ロシア公務員の給与は全般に安いものの、異例の大昇給である。

 プーチン首相は国防調達費の増額も発表。「今年の軍による兵器調達費が前年比50%増の7500億ルーブル(2兆2500億円)に達し、来年は8800億ルーブル(2兆6400億円)にする」と述べた。

「暴力装置」への大盤振る舞いは、軍、警察、情報機関が与党の大票田であり、組織票を固める狙いがある。地方都市は軍需産業中心の企業城下町が多く、軍需産業への大規模投資で地方票を得ることも狙っているようだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順