円高進行中に何故か膨らむ「円安リスク」への警戒感

磯山友幸
執筆者:磯山友幸 2011年11月29日
エリア: 日本
円高は収まる気配がないが……(c)時事
円高は収まる気配がないが……(c)時事

 一向に収まらない円高に対して、政府・日銀は円売りドル買い介入を繰り返している。10月31日には、民主党政権になって4度目となる介入を実施。8兆円規模というこれまでにない大型のものだった。昨年9月、今年3月、8月、そして10月の4回合計の介入額は15兆円を超えた。  さらに政府は、2011年度の第3次補正予算で約2兆円にのぼる円高対策を盛り込んだ。具体的には生産・研究開発拠点を日本国内に置いた場合に補助金を支給する立地補助事業や、中小企業向けの緊急保証・特別貸付などだ。円高による産業空洞化や雇用喪失を防ぐとしているが、直接的に円高を止める政策というよりも、円高で苦しむ企業への“支援”といった側面が強い。

止まらない円高

 こうした対策にもかかわらず、円高は止まらない。為替介入すればその直後には円高は一時的に修正されているが、すぐに息切れ。中長期的な円高傾向には歯止めがかかっていない。民主党への政権交代が決まった2009年8月末の段階では1ドル=93円前後だったが、現在は1ドル=77円前後。2年余りで2割近くも円高になったことになる。
「各社の為替影響額は極めて大きく、乗用車8社合計で2011年4-9月期に約3300億円にも膨れ上がり、業績に大きな重しとなっている」
 日本自動車工業会会長の志賀俊之・日産自動車COO(最高執行責任者)は定例会見で、円高に伴う“被害”を強調した。そのうえで、政府にさらなる円高対策を取るよう求めた。日本経団連など他の財界団体も異口同音に円高対策を要望している。
 だが、円高対策が焦眉の急という現下の状況の中で、野田佳彦内閣の周辺では円安を警戒する声が急速に強まっている。
「もちろん円高対策は重要だが、本当に怖いのは円安に振れ始めた時だ」とある経済閣僚は小声で言う。同様の発言をする議員が、このところ官邸周辺に増えているのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
磯山友幸
磯山友幸 1962年生れ。早稲田大学政治経済学部卒。87年日本経済新聞社に入社し、大阪証券部、東京証券部、「日経ビジネス」などで記者。その後、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、東京証券部次長、「日経ビジネス」副編集長、編集委員などを務める。現在はフリーの経済ジャーナリスト。著書に『国際会計基準戦争 完結編』、『ブランド王国スイスの秘密』(以上、日経BP社)、共著に『株主の反乱』(日本経済新聞社)、編著書に『ビジネス弁護士大全』(日経BP社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順