ソフト、ハード両パワーで南進を続ける中国

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2011年12月12日
エリア: 中国・台湾

 過般のASEAN首脳会議以降、ワシントンがアジア重視路線を打ち出し、ミャンマー政権が従来の親北京路線からの転換とも思われる動きを見せ、さらにクリントン米国務長官がミャンマーを訪問し反軍事政権=民主化の象徴的存在でもあるアウンサン・スー・チー女史と抱き合ってみせるなど、中国の南進に対する警戒感が顕著になりつつあるようだ。こういった情況を「中国の興隆、米国の衰退」ではなく、「米国諸同盟の興隆」と看做す向きもあるようだが、それは希望的観測に過ぎないとしかいいようはない。じつは「米国諸同盟の興隆」に関係なく、ソフト、ハードの両パワーによる北京の南進は続く。

 先ずソフト・パワー。洪水騒ぎも一段落した12月8日、新華社バンコク支社首脳陣は、バンコクの中心街にあり反タクシン・親タクシン両派の激突の舞台となった巨大ショッピングモールで記者会見を開き、大型写真集『中国情縁――詩琳通公主訪華三十戴記念画冊』の出版を発表した。これは「詩琳通公主」、つまりタイで国王の次に国民的敬愛を受けていると伝えられるシリントーン王女の1981年5月の初訪中以来の30年間の足跡を綴った写真集である。タイ、中、英の3カ国語による解説入りで初版は5万冊。そのうちの3千冊が王女に献本され、残りの販売収益は今回の洪水被災者への義捐金に回される。ちなみに題字は李従軍・新華社社長の揮毫によるとのことだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順