サウジ・イラン「緊張」の中で行なわれた2国間協議

執筆者:畑中美樹 2011年12月15日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 中東

 サウジ国営通信は、2011年12月5日、ナーイフ・ビン・アブドゥルアジズ・サウジ皇太子・副首相兼内相がイランのヘイダル・モスレヒ諜報庁長官と会談し2国間関係を協議したと伝えた。サウジアラビアがイランによるGCC諸国の内政への介入を非難するとともに、核開発は地域の安定にとり脅威と警告している時だけに注目される会談である。

 同通信は、詳細には触れることなく、ナーイフ・ビン・アブドゥルアジズ・サウジ皇太子・副首相兼内相がイラン政府高官と両国の共通の利益に関わる問題について協議したとだけ伝えている。また、同通信は、モグラン・ビン・アブドゥル・アジズ・サウジ諜報庁長官も会談に参加したことを明らかにしている。

 両国の間では、トルキ・アル・ファイサル・元サウジ諜報庁長官が、12月5日、地域の競合国家であるイスラエルやイランに対抗するためにサウジアラビアも核兵器の獲得を検討するかもしれないと語ったほか、イランの強硬派アヤトラ・アフマド・ジャナッティ師が、11月25日にテヘラン大学で行なわれた金曜礼拝でサウド王家は権力の座から去るべきとの演説を行なうなど緊張が高まっている。

 アヤトラ・アフマド・ジャナッティ師はテヘラン大学での金曜礼拝で、「サウド家は権力を放棄し国民に手渡すべきである。(そうすれば)国民が国民政府を樹立するだろう。サウド家は目を覚ました方がよい。究極的には、エジプトのファラオ(=ムバラク大統領)やリビア及びチュニジアの強者(=カダフィ大佐及びベンアリ大統領)の運命がサウジアラビアのファラオ(=アブドゥラ国王)を待っている。サウド家は用心せねばならない」と述べていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
畑中美樹 1950年東京都生れ。慶應義塾大学経済学部卒業。富士銀行、中東経済研究所、国際経済研究所、国際開発センター エネルギー・環境室長などを経て現職。中東・北アフリカ地域で豊富な人的ネットワークを有する。著書に『石油地政学――中東とアメリカ』(中公新書ラクレ)、『オイルマネー』(講談社現代新書)、『中東湾岸ビジネス最新事情』(同友館)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順