経済の頭で考えたこと
経済の頭で考えたこと(43)

メドベージェフを“軟禁”したプーチンの「予防クーデター」

田中直毅
執筆者:田中直毅 2011年12月26日
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 モスクワの師走は決して厳寒ではなかった。しかし、雪が路上を埋め尽くしているわけでもないにもかかわらず、交通渋滞は手に負えない。退庁時間に重なろうものなら、数キロメートルを行くのに2時間も要することがあった。地下駐車場の工夫の余地のないビルディングの外側には、道の両側で駐車の列ができており、結局車線は1車輌分しか残されていないというのが脇道の実態だ。筆者がこのほど訪れたモスクワは、絵に描いたような大都市の非効率性を曝け出していた。
 そのモスクワで政治枠組みの急変が起きようとしている。そもそもは9月24日の「統一ロシア」の党大会でのメドベージェフ大統領の演説から始まったといえる。彼は、来年3月4日に予定される大統領選挙で、プーチン首相が再び6年任期(再選も可能)のその職に挑戦することを後押しすると述べたのだ。
 この図式はロシアにとっての相も変らぬ政治の停滞と受け止められた。そしてプーチン、メドベージェフ双方の人気がともに落ち込み、12月4日の下院総選挙で「統一ロシア」は大苦戦に陥った。議席配分は定数450のうち、与党「統一ロシア」は77減の238、共産党92、中道左派の公正ロシア64、民族右派の自由民主党56となった。足切りの比例代表選挙なのだが、投票所での不正行為が相次いだとの指摘があるにもかかわらず、散々の結果となった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
田中直毅
田中直毅 国際公共政策研究センター理事長。1945年生れ。国民経済研究協会主任研究員を経て、84年より本格的に評論活動を始める。専門は国際政治・経済。2007年4月から現職。政府審議会委員を多数歴任。著書に『最後の十年 日本経済の構想』(日本経済新聞社)、『マネーが止まった』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順