「それでも主役」サルコジの再選はあるか

国末憲人
執筆者:国末憲人 2011年12月27日
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ
存在感のアピールに余念がないサルコジ大統領(チェコのハベル前大統領の国葬にて)(c)EPA=時事
存在感のアピールに余念がないサルコジ大統領(チェコのハベル前大統領の国葬にて)(c)EPA=時事

 フランス大統領選の第1回投票を約4カ月後に控えていることを全く感じさせないほど、サルコジ大統領周辺は日常の業務に忙しい。目下の最大の課題、欧州単一通貨ユーロの危機を打開しようと、各国を行脚し、首脳同士で協議を重ね、国民に心構えを訴えかける。大統領を追うフランスのメディアも、まだ大統領選の行方にさほど関心を示さず、当面の危機の分析と展望に勤しんでいる。  大統領選いまだ遠し。それが仏大統領府(エリゼ宮)周辺の感覚だろう。選挙戦になだれ込むのは、現課題の出口が見えてからでいい。そもそも、それが見えるかどうかで、選挙対応も大きく変わる――。そのような意識が人々の間に依然根強いようだ。  もちろん、エリゼ宮のスタッフや右派の与党「大衆運動連合(UMP)」の幹部らは水面下で、サルコジ再選に向けて準備を進めているに違いない。しかし、1月半ばといわれる再選出馬表明まで、大統領自身も選挙を意識するそぶりを極力見せないよう心がけていると思われる。現職の大統領としては、政治課題に全力で取り組む姿を示すのが得策であるに違いない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順