韓国初の女性大統領は誕生するか

執筆者:黒田勝弘 2011年12月28日
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

 韓国も米国やロシアなどと同じく2012年、大統領選を迎える。時期は12月だから結果の予想はまだ難しいが、焦点は故朴正熙大統領の長女、朴槿恵(パク・クネ、59)=元ハンナラ党代表=が果たして当選するかどうかだ。以下は客観的な情勢分析というより、筆者の期待というか、韓国および日本にとってあるべき姿という意味で、ごく個人的な展望を書いてみたい。

 筆者は「初の女性大統領としての朴槿恵大統領誕生」を大いに期待し、韓国でも日本でも質問されるとそう答えている。理由はこうだ。対内的事情と対外的事情の両方から以下のように説明している。

 まず対内的だが、韓国の現代政治の発展過程を踏まえたうえで、新たな発展段階としてぜひ彼女に大統領になってほしいと思う。

 韓国の現代政治はこれまで実にダイナミックに展開してきた。日本支配から解放された1945年以降、まず初代大統領の李承晩(在任1948-60年)は、朝鮮戦争で北朝鮮の武力侵攻を辛うじて押し返したが、1960年「4・19反政府学生革命」で退陣。その後の朴正熙政権(同1961-79年)は経済建設に成功したが、側近による暗殺で幕を閉じた。

 この2人の人生は激動の時代を背景に相当ドラマチックだった。しかし李承晩は国を守り抜き朴正熙は経済発展を実現したという点で、高く評価されるだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
黒田勝弘 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。1941年生れ。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長兼論説委員を経て現職。2005年度には日本記者クラブ賞、菊池寛賞を受賞。在韓30年。日本を代表するコリア・ウォッチャーで、韓国マスコミにも登場し意見を述べている。『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順