「歴史的転換点」におけるアメリカの選択

執筆者:中山俊宏 2012年1月4日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米
アメリカ国民が選んだのは「統治原理」だったのか「人物」だったのか(c)AFP=時事

 2009年3月、オバマ大統領の歴史的勝利から4カ月後にアメリカ進歩センター(Center for American Progress)は「アメリカにおける政治的イデオロギー状況の現在 2009年: 政治的価値と信念に関する研究」 (Halpin & Agne, State of American Political Ideology, 2009: A National Study of Political Values and Beliefs)と題した研究報告書を公表している。アメリカ進歩センターは、保守系のアドボカシータンクとして名高いヘリテージ財団(Heritage Foundation)に倣って2003年に設立された穏健リベラル派系のシンクタンクである。「政治的イデオロギー状況の現在」報告書は、アメリカのイデオロギー的地平に関し、1980年代のレーガン時代以降、およそ30年にわたって続いてきた「保守の時代」が終焉を迎え、新たにリベラル派の時代に移行しつつあると結論づけている。いわばオバマ政権の誕生は、そのような現象の表象に過ぎず、オバマの勝利以上に重要な構造的な変化が底流で起きているというのが同報告書の結論だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
中山俊宏 1967年生れ。国際政治学博士(青山学院大学)。日本政府国連代表部専門調査員、日本国際問題研究所主任研究員、津田塾大学国際関係学科准教授を経て、現職。共著に『アメリカ現代政治の構図』(東京大学出版会)、『アメリカのグローバル戦略とイスラーム世界』(明石書店)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順