金正日が死去しても北朝鮮軍は混乱しない

2011年12月28日

  北朝鮮の金正日総書記死去を受け、日本のメディアは読売新聞が「肩書も威信もない正恩氏、軍の暴発ふせげるか」と報じたのをはじめ(12月22日8時52分配信)、軍の混乱を危惧する報道が数多くなされた。

 軍隊には部隊序列や指揮系統が厳然と存在する。戦時を基本として考えられた軍規には、指揮官の不在時における指揮代行、すなわち権限の委任基準が明示されている。指揮官が不在の事態に陥った軍において、「指揮権限の所在」は、改めて考慮決定されるものではなく、間髪を入れず、自動的に委譲継承されるように定められている。金正恩による全軍に対する指揮権掌握の宣言は、当然であって驚くにあたらない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top