女性がプーチンを追い詰める

名越健郎
執筆者:名越健郎 2012年1月1日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: ロシア

 下院選挙の不正に抗議するロシアの反プーチン運動では、女性の存在感が目立っている。12月10日と24日の抗議集会を映像で見ると、女性が参加者の約半数を占めている印象だ。24日のモスクワ・サハロフ通りでの10万人集会では約20人が演説したが、そのうち女性が3人いた。

 その1人が、プーチン首相と親しいテレビキャスターのクセニア・ソプチャクさんだった。彼女はプーチン首相の恩師、故ソプチャク元サンクトペテルブルク市長の長女。プーチン氏は急進改革派のソプチャク市長の下で副市長として政治活動に着手した。いわば恩人であり、プーチン氏はソプチャク家と家族ぐるみの付き合いだった。

 社会活動家として著名なクセニアさんは「私は何かを失うかもしれないが、あえてここへ来た。父はロシア憲法の起草者の1人だ。選挙はこの憲法に違反している」などと不正を批判。一方で、「われわれは当局への影響力を行使すべきだが、彼らと闘うべきではない。権力闘争は何ももたらさない」と過激な行動を戒めていた。

 クセニアさんはクレムリン最大派閥、サンクト派の一員とみられていただけに、突然の登場に会場の一部からブーイングがあったという。しかし、彼女は最近、政権と距離を置いているようで、今後抗議運動のリーダーの1人になるかもしれない。その風貌は、2004年のウクライナ大統領選の不正をめぐる抗議運動、オレンジ革命の指導者、ティモシェンコ元首相を彷彿とさせた。「ウクライナのジャンヌ・ダルク」といわれたティモシェンコ氏も、裏でロシアとつながっているとの疑惑があった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順