死刑執行遅延・麻原奪還という計画(?)にどう対応-裁判員裁判の設備再検討を

春名幹男
執筆者:春名幹男 2012年1月4日
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 オウム真理教元幹部、平田信容疑者(46)がなぜ出頭したのか、その動機をめぐって議論が起きている。

 彼は逮捕後、自ら滝本太郎弁護士との接見を求めた。滝本さんは接見後、麻原彰晃の「死刑執行は当然」などと語っていたことを明らかにした。ジャーナリスト、江川紹子さんらは、出頭は「麻原らの死刑執行遅延が目的」とみているが、平田容疑者本人がその説を否定した形だ。

 そもそも滝本さんは一家惨殺された坂本堤弁護士の元同僚で横浜弁護士会所属、オウム脱会者支援活動を続けてきた人物だ。そんな反オウムの人に弁護を頼んだこと自体、最初からオウムとは無関係だと装うため出て来た可能性がある。平田容疑者は、教団から1000万円の逃亡資金をもらったとも言われ、17年間もの逃亡を助けた組織の存在は否定できない。

 平田容疑者が「逮捕監禁致死罪」で起訴されれば、オウム事件初の裁判員裁判になる。国家転覆を狙うクーデターを企図した団体に対応するには慎重な体制が必要になる。

 第1に重要なことは、旧オウム真理教信者には「麻原奪還」を計画する過激派がいることだ。 2000年ロシア連邦保安局(FSB)に逮捕されたロシア人信者ドミトリー・シガチョフら4人は、ウラジオストクのアジトに自動小銃1丁に短銃4丁、実弾計約千発、対戦車手りゅう弾に爆薬1・5キロ以上を隠し持っていた。シガチョフは2000年に2回来日、東京拘置所や皇居などのターゲットを撮影、パソコンには当時の森喜朗首相にあてて「われわれの要求が認められなければ日本で多数の人々が死ぬ」とテロを予告する脅迫文案も残していた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順