アイオワ州党員集会:ロムニーを軸に展開されることになった大統領候補指名獲得争い

足立正彦
執筆者:足立正彦 2012年1月5日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 1月3日、12万2255人の有権者が参加して行なわれたアイオワ州共和党党員集会では、ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事が僅か8票差というアイオワ州党員集会史上最も僅差でリック・サントラム元上院議員(ペンシルベニア州)を振り切って勝利を収めた。3位には21%を獲得したロン・ポール下院議員(テキサス州第14区)、4位にはニュート・ギングリッチ元下院議長(ジョージア州第6区)、5位以下はリック・ペリー・テキサス州知事、ミシェル・バックマン下院議員(ミネソタ州第6区)(翌4日に共和党大統領候補指名獲得争いからの撤退を表明)、ジョン・ハンツマン前ユタ州知事が続いた(表参照)。

 

 アイオワ州党員集会の参加者の6割以上はアイオワ州西部を中心とした福音派キリスト教を信奉する保守系有権者である。そのため、かつて同性婚問題で柔軟な姿勢を示し、自らモルモン教徒である共和党穏健派のロムニーが保守的な政治文化のアイオワ州でどの程度支持を獲得できるかが非常に注目されていた。その意味で、ロムニーが大きな傷を負わず、僅差でサントラムを振り切り勝利したことで、共和党大統領候補指名獲得に向け「弾み」をつけるかたちで順調なスタートを切ったと評価することができよう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順