台湾総統選挙と東南アジアの「台商」

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2012年1月6日
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス

 2期目を目指す国民党の馬英九に対し、政権奪還を狙う民進党の蔡英文――両岸関係の今後を左右するであろう台湾の総統選挙まで10日を切った。内外の注目は専ら台湾に注がれている。だが、選挙運動は台湾だけで展開されているわけではない。台湾の外に飛び出した「台商」とよばれるビジネスマンもまた、「貴重な一票」の持ち主なのだ。そこで各陣営は重要幹部を海外に派遣し、選挙運動を展開することになる。

 1月4日、バンコク国際空港に降り立った国民党副主席の江丙坤を、北タイ在住の雲南系華人が中心となって組織した「泰国馬呉後援総会」の面々が迎えた。台湾と北タイの雲南系華人を結ぶのは遠く国共内戦で敗れ北タイに逃げ込んだ国民党残存勢力。民進党政権当時、彼らは台湾からの支援のバルブを閉められ、中国への接近姿勢を示したとも伝えられた。台湾(国民党)、北タイ(国民党残存勢力)、それに中国(?)――点と線を結べば、泰国馬呉後援総会の背景が浮かんでくるようだ。

 僅か24時間のバンコク滞在だが、江副主席は「台湾の経済発展と今後の地域統合」と題する講演を行ない、馬政権が進めてきた中国との経済協力システムの「両岸経済協力枠組協議(ECFA)」について在タイ台商の理解を求める一方、馬当選後の台湾とASEANとの経済協力の将来図を示した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順