プーチンはなぜ辞めない

名越健郎
執筆者:名越健郎 2012年1月11日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: ロシア

 元スパイで秘密主義のウラジーミル・プーチン首相には謎が多いが、最大の謎はなぜこれほど権力に固執するのかにある。2期8年の大統領と4年の首相で辞めていれば、ロシアに安定と繁栄をもたらした指導者として歴史に名を刻めたはずだ。

 それが大統領選再出馬を表明したため、10万人デモで「プーチンのいないロシアを」のシュプレヒコールを浴びた。プーチン氏はロシア史上初めて、なりたくないのに、めぐり合わせで最高指導者になった異色の人物。本来、権力に固執しないはずなのに、今では権力亡者になってしまった。

 その理由として、改革派ラジオ局「モスクワのこだま」のベネディクトフ編集長は、「プーチンはやる気が十分あり、使命を抱いている。それは、ロシアを世界に尊敬される近代国家にすることだ。まだ自分の使命は終わっていないと考えている」と話した。しかし、これでは綺麗ごとすぎる。

 伝記作家のリハルト・ルリエ氏は「プーチンは活力ある59歳であり、辞めた後で回想録を書いたり、財団理事長を務めるのはそぐわない」と指摘した。確かにその通りだが、これも説得力がない。

 むしろ、「クレムリンを去れば、チェチェン戦争や汚職の横行など、過去の責任をすべて負わなければならないからだ」とするシェフツォワ・カーネギー財団モスクワセンター主任研究員の見解が的を射ているかもしれない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順