ニューハンプシャー州予備選挙:ロムニー連勝の意義とサントラムへの打撃

足立正彦
執筆者:足立正彦 2012年1月13日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 アイオワ州党員集会でリック・サントラム元上院議員(ペンシルベニア州)を僅差で破ったミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事は、今月10日に行なわれたニューハンプシャー州予備選挙でも勝利して「序盤州」での連勝を果たした。1980年以降、アイオワ州党員集会、ニューハンプシャー州予備選挙のいずれの争いも制した候補はロムニーが初めてである(表参照)。

 

 2008年共和党大統領候補選出プロセスではロムニーはアイオワ州党員集会のために総額1000万ドルを投入し同州で積極的な選挙キャンペーンを展開した。だが、同党員集会の参加者の60%以上を占めている福音派キリスト教の有権者の支持を獲得した元牧師のマイク・ハッカビー前アーカンソー州知事に敗れている。そのため、今回のアイオワ州党員集会での選挙キャンペーンでは、昨年8月の共和党大統領模擬投票(ストローポール)のための積極的な選挙キャンペーンは行なわず、ロムニー自身がアイオワ州での選挙キャンペーンを本格的に開始したのは、相次ぐ失言などによりリック・ペリー・テキサス州知事の支持率が急落した10月以降であった。

 ロムニー選対本部はアイオワ州党員集会での勝利に過度な期待を持たれず、しかも大きく敗北せずに傷つかない結果を残してニューハンプシャー州予備選挙で勝負を賭ける基本戦略が練られていた。「ステルス戦略」とロムニー陣営が呼んでいたこうした基本戦略の中で、ロムニーがアイオワ州党員集会でサントラムを僅差で振り切り、ニューハンプシャーでは前回2008年の勝者であるマケインの得票率を1.6ポイント上回る39.3%を獲得して圧勝した意義は非常に大きいと考えられる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順