台湾選挙現地報告3(結果予想)

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2012年1月14日

台湾の総統・立法院のダブル選挙はすべてのキャンペーンが昨晩10時に終了し、今日午前8時から投票が始まっています。即日開票され、総統選の結果は日本時間の午後8時ごろには大勢が判明するでしょう。

台湾選挙を予想するのは危険ではありますが、あえて私の見方を言いますと、国民党・馬英九が僅差で逃げ切る、というものです。票差まで当てる自信はありませんが、30~60万票差あたりではないでしょうか。その場合、1800万人の有権者で80%の投票率だとすると、2~4ポイントの差というきわどさです。

立法院では、現有議席が30あまりの民進党は大躍進し、40議席を超えて45議席に届く可能性があります。国民党は4年前の81議席という圧勝から大きく減らし、60議席をわずかに超えるぐらいではないでしょうか。

さて結果はいかに?

昨晩、新北市の板橋体育場で、野党民進党の最後の集会が開かれ、10万人を集めました。盛り上がりが最高潮に達したのは、90歳近い高齢の李登輝元総統が、手術を終えて退院したばかりで体調がすぐれないなか、選挙運動の最後の最後で初めてこうした表舞台に上がり、蔡への支持を「私は台湾を蔡英文に渡したい。みんな、どうぞお願いします、お願いします」と呼びかけ、蔡英文と壇上で抱き合ったときでした。(野嶋撮影)

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順