饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(164)

「最も招待客の多い外国公館」仏大使公邸を切り盛りする若手料理人

西川恵
執筆者:西川恵 2012年1月26日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ヨーロッパ 日本
日本レストランで働いた経験も持つマルタン氏(筆者撮影)
日本レストランで働いた経験も持つマルタン氏(筆者撮影)

 2012年の新年が明けて、フランス大使公邸の厨房をあずかる料理長のセバスチャン・マルタン氏(34)には、4カ月ぶりに忙しい日常が戻ってきた。1月6日、新任のクリスチャン・マセ駐日フランス大使が夫人と共に赴任してきたからだ。  前任のフォール大使が昨年9月に離任した後、主のいない大使公邸には静かな時間が流れていた。マルタン氏はふだんは出来ない食材の仕入れ先の開拓や、食器類、鍋類の点検、買い付けをして過ごしたが、新大使の赴任で公邸は再び招宴外交の場として動き出した。  マセ大使の最初のレセプションは1月12日、イエス・キリストが神の子として見いだされたエピファニー(公現祭)の祝宴で、日仏関係者約200人が招かれた。日仏の菓子職人が作った特別菓子「ガレット・デ・ロワ」を賞味する集いだったため、マルタン氏の出番はなかった。饗宴料理の初披露の機会は翌13日、来日したジュペ仏外相を囲む大使主催の夕食会となった。「忙しく立ち働いているのがいいです。緊張感と充実感がありますから」。公邸で働き始めて8年。仕える大使は4人目となる。

六本木ヒルズから大使公邸へ

 マルタン氏はフランスのブルターニュ地方のナント生まれ。両親はパン屋で、本人は料理人になりたいと、中学校を卒業すると料理学校で4年間、フランス料理を学んだ。卒業後は各地のレストランで修行をしながら腕を磨いたが、厨房で友人となった日本人料理人の紹介で、パリの日本レストランでも2年間働いた。
「味噌、醤油、酒、味醂など調味料の使い方や、煮炊きのテクニックを学び、料理の幅を広げたかった」と語る。
 日本で働く話が持ち込まれたのは03年。料理の師でもあるジョエル・ロブション氏が東京・六本木ヒルズにオープンするフレンチレストランのシェフとして、目をかけていたマルタン氏に声をかけたのだ。二つ返事でOKした。「私は日本人の友人が多く、一度日本に行ってみたいと思っていました」。
 来日して1年余。フランス大使公邸の口がかかった。それまで9年勤めた料理人がフランスに戻るため、後釜を探していたモンフェラン大使(当時)が、何人かのフランス料理界の大御所に相談し、「彼なら間違いない」と推薦されたのだ。
「各界のVIPが集う大使公邸で働くのは名誉なことで、嬉しかったです」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順