ロシアの縁故資本主義

名越健郎
執筆者:名越健郎 2012年1月28日
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: ロシア

  昨年12月にモスクワなどで反プーチン・デモが吹き荒れた背景には、下院選不正批判のほかに、プーチン首相の側近や取りまきのビジネスマンがプーチンの威を借りて不正ビジネスをしている疑惑への反発もあった。

 ロシアのネットサイトでは、プーチンの友人グループによる錬金術を調査した「プーチン腐敗白書」なる報告書が公開されている。ネムツォフ元副首相、ルイシコフ元下院議員ら4人が代表を務め、独立系専門家が調査した。

 それによれば、プーチンはサンクトペテルブルク副市長の地位を追われ、失業中だった1996年、親しい仲間7人と共同出資し、協同組合「オーゼロ(湖)」を設立。ペテルブルク郊外の湖畔別荘地を購入した。この時の共同出資者7人がプーチン体制下で夢のような成功物語を収めた。

 共同出資者のうち、ウラジーミル・ヤクーニンはロシア鉄道社長。アンドレイ・フルセンコは副首相を経て教育科学相。その弟で共同出資者のセルゲイ・フルセンコはガスプロムの最大子会社、レントランスガス社長で、ロシアサッカー連盟会長を兼務する。

 ユーリー・コバルチュクはロシア銀行の最大株主で、全国テレビネットを傘下に収めるナショナル・メディア・グループの総裁。ニコライ・シャマロフはロシア銀行の第3の株主で、ブイボルグ造船の共同経営者。この2人はKGBでプーチンの同僚で、しがないスパイだったが、いまやロシアの11年版億万長者リストの115位と184位に名を連ねている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順