クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

美しすぎるミャンマー民主化

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2012年2月3日
カテゴリ: 国際 文化・歴史

 初めてビルマ(いまミャンマー)に行ったのは1964年、東京オリンピックの始まる半年ほど前のことだった。それまで私たちの一行6人は、オリンピック発祥の地であるギリシャのオリンピアに日本から日本製の車3台を海路輸送し、アテネの外港ピレウスに陸揚げしたのに乗り、オリンピアを起点に、ギリシャ―トルコ―シリア―レバノン―ヨルダン―イラク―クウェート―イラン―アフガニスタン―パキスタン―インドを50日間で走破した。  本当なら上海まで走って車を日本に送り、さらに鹿児島から走り、その車で東京の国立競技場前にゴールインしたかったが、ビルマが国境を鎖し共産中国も外国人の入国を拒否していたので、五輪を機に「世界は1つ」と新聞紙面でアピールしようとしたわれわれの当初の計画は変更を余儀なくされた。  カルカッタに着くまでに通過した各都市で、私はそれぞれの国の五輪委役員にインタビューし、彼らが「アジア初のオリンピック」に寄せる期待を取材し、それを東京に打電した。  ところがカルカッタから空路ラングーン(今のヤンゴン)に着いたところで「アジアに帰ったぞ!」と叫びたい、ただし記事にはならない感動に襲われた。それは女性が、こちらを見てニッコリ笑うことだった。ギリシャ―インドの間の国々には、なかったオリエンタル・スマイルである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順