1976年に酷似する「エスタブリッシュメント候補」の苦戦

足立正彦
執筆者:足立正彦 2012年2月16日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 2012年共和党大統領候補選出プロセスの幕開けとなった1月3日のアイオワ州党員集会から今月11日のメイン州党員集会まで9つの予備選挙・党員集会が行なわれた。昨秋、ボストン、ニューヨーク、ワシントンD.C.といった米国東海岸の主要都市で意見交換した共和、民主両党の関係者らのほとんどは、ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事が共和党大統領候補の指名を獲得するとの見方で一致していた。筆者も同じ立場で共和党大統領候補指名獲得争いを見守ってきた。だが、共和党大統領候補選出プロセスが約1カ月半近く行なわれる中、共和党エスタブリッシュメントからの支持を取り付けているロムニーに脆弱さが次第に明らかになりつつある。

 ロムニーは同性婚や妊娠中絶をはじめとする共和党保守派勢力が重視する中核的政策について「右顧左眄(“flip-flopping”)」してきたため、保守派勢力から十分信頼されていない政治家と指摘され続けてきた。それを証明するかのように、保守系活動家が保守系有権者を動員して大きな影響力を行使できる党員集会で、ロムニーと同じくモルモン教徒が多数存在しているネヴァダ州と、自ら州知事を務めたマサチューセッツ州と同じニューイングランド地方に位置するメイン州以外では勝利できていない。とりわけ、アイオワ、ミネソタ、ミズーリといった中西部で行なわれた党員集会では3戦3敗である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順