ムスリム同胞団は待ちの戦術に回帰

池内恵
執筆者:池内恵 2012年2月22日

 ムスリム同胞団は、先週末の協議で、大統領選挙への支持候補者を決められず、3月10日に開始する立候補登録が終了する4月8日以降に、支持候補決定を先送りすることになったようだ。
http://english.ahram.org.eg/NewsContent/1/64/35027/Egypt/Politics-/Brotherhoods-party-postpones-announcing-their-pres.aspx

 軍の威信が揺らぐ中、「コンセンサス候補」を示して軍に助け船を出し、主導権を握ろうかというところだったが、結局再び「自らは矢面に立たない」「勝ち馬に乗る」という基本路線に戻ったと言えよう。さまざまな不満や摩擦が噴出するエジプト政治を積極的に引っ張っていく勢力としての能力は示せなかったが、逆に今回の支持候補表明見送りは、組織としての粘り強さ、慎重さをよく示してはいる。

 長く非合法・反体制でやってきたムスリム同胞団の、なによりも組織防衛を優先する発想からは、「諸般の事情」を考慮すれば旗幟鮮明にするには「時期尚早」と判断したのだろう。

 また、現実的には「支持できる候補がいない」ということもある。選挙戦を活発に展開しているアブルフトゥーフ・元ムスリム同胞団幹部は、現執行部と袂を分かって立候補したため、組織の結束の観点からはむしろ「仇敵」に近くなっている。ムスリム同胞団は本音では旧体制と事を荒立てないようにアムル・ムーサ前アラブ連盟事務局長の当選を望んでいる、という観測は根強くあるが、旧体制そのもののムーサを公然と支持すればムスリム同胞団内部、特に若手からの突き上げが不可避だ。結局はぎりぎりまで、あるいは投票日まで支持を明らかにせず、「是々非々」で当選者と協力していくのかもしれない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順