仏大統領選展望・今度の「左翼」は手強いぞ

2012年3月1日

 ソ連が20年前に崩壊し、中国もすっかり資本主義化した今、共産主義を信じる人々がいまだに息づいているのは、世界でも北朝鮮とフランスだけでないだろうか。


 フランスでは、大統領選のたびに「プロレタリアート独裁」だの「権力を人民の手に」だののスローガンを叫ぶ候補が登場し、結構な支持を集めている。2002年大統領選ではトロツキスト政党「労働者の闘い」の候補ラギエが躍進し、2007年大統領選でもやはりトロツキスト政党でその名も「革命的共産主義同盟」のブザンスノが旋風といってもいいほどの人気を博した。それがフランスの奥深さなのか、単なるアナクロニズムか、判断が難しいところである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top